オンラインマニュアル
13. ガイドラインタブ / ページテンプレートタブ
・ガイドラインタブ   ページテンプレートタブ
一度作成したガイドラインを登録して再利用することができます。また、保存したガイドラインを整理し て利用することにより効率が一段と向上します。   一度作成したページレイアウトをテンプレートとして登録して再利用することができます。保存したペー ジテンプレートを整理して利用することにより効率が一段と向上します。
 
  13-1-1. ガイドラインの保存  
13-7. ページテンプレートタブの概要
  13-1-1. ガイドラインの保存   13-7-1. ページテンプレートの保存
13-2. カテゴリの新規作成と登録   最新の状態に更新
13-2. カテゴリの新規作成と登録   他のパソコン等で作成したページテンプレートを登録する場合
13-3. 後からカテゴリ分けや整理をする場合 13-8. カテゴリの新規作成と登録
13-4. ガイドラインタブと各種メニュー
  13-4-1. カテゴリ選択メニュー 13-10. ページテンプレートタブと各種メニュー
  13-4-2. サムネイルサイズの変更   13-10-1. カテゴリ選択メニュー
  13-4-3. メニュー   13-10-2. サムネイルサイズの変更
13-5. 保存したガイドの利用 13-11. 保存したページテンプレートの利用 便利な使い方と注意点
  13-6-1. ガイドラインのページ種類と分類   13-11-1.ページテンプレートのページ種類と分類
  13-6-2. 異なるブックサイズで同じガイドラインを使用したい場合   13-11-2. 異なるブックサイズで同じページテンプレートを使用したい場合の注意点
  13-6-3. ガイドの保存を「単位」の「%」以外で保存した場合   13-11-3.ASUKABOOKの縦横比により共通して使用できるページテンプレート
  13-6-4. ASUKABOOKの縦横比により共通して使用できるガイド   13-11-4. 保存したページテンプレートの利用
  13-6-5. ガイドの原点位置 13-12. 保存したページテンプレートの利用(ロックオブジェクトの設定結果)
13-5. 保存したガイドの利用   13-12-1. 「位置を固定したオブジェクトも含む」とは
13-6. 保存したガイドの便利な使い方と注意点   13-12-2. 「位置を固定したオブジェクトも含む」にチェックを入れた場合
  13-6-1. ガイドラインのページ種類と分類   13-12-3. 「位置を固定したオブジェクトも含む」にチェックを入れない場合
  13-6-2. 異なるブックサイズで同じガイドラインを使用したい場合  
  13-6-3. ガイドの保存を「単位」の「%」以外で保存した場合  
  13-6-4. ASUKABOOKの縦横比により共通して使用できるガイド  
13-6-5. ガイドの原点位置  
       
       

13-7. ページテンプレートタブ

作成したページテンプレートを登録し、それを再利用することができます。登録したガイドを確認したり利用する際には、このページテンプレートタブから行います。ここでは、ページテンプレートの保存とページテンプレートタブによる利用方法をご説明いたします。

   

13-7-1. ページテンプレートの保存
手順2

ページをレイアウトする

    編集画面にてページをレイアウトしてください。
     
     
     
   
手順2 ページテンプレートを保存
 

メニュー「ドキュメント/ページテンプレート保存」を選択します。

※余白部分で右クリックでも可能です。

   
手順3 カテゴリの設定  
 

右の画面が開きますので、プルダウンメニューから登録したいカテゴリを選択します。

カテゴリの新規作成は、13-8. カテゴリの新規作成と登録をご参照ください。

 

   
   
アドバイス
保存したいページテンプレートをカテゴリごとに登録しておくと整理ができて便利です。
 
   
手順3 「位置を固定したオブジェクトを含む」の設定
 

「位置を固定したオブジェクトを含む」のチェックボックスをチェックすると「位置を固定」を設定している画像は、差し替え可能なサンプル画像になります。チェックをはずすと「位置を固定」に設定されている画像がそのまま配置されます。
※イラスト等を変更無くご利用頂く場合は、「位置を固定したオブジェクトを含む」のチェックをはずします。
詳しい「位置を固定したオブジェクトを含む」の設定や注意点に関しましては、13-12. 保存したページテンプレートの利用(位置を固定子やオブジェクトを含むの設定結果)をご参照ください。
   
  ここで保存したページテンプレートは他のサイズでもご利用可能ですが、「位置を固定したオブジェクトを含む」のチェックボックスのチェックをはずして保存した場合、作成した大きさより大きいサイズのブックページに適用すると、イラスト等の画像があれる場合があります。
  詳しい解説は、13-11-2.異なるブックサイズで同じページテンプレートを使用したい場合の注意点をご参照ください  
   
手順3 「テキスト」設定をして「OK」ボタンをクリックします
  「テキスト」は、差し替え可能な画像上に表示されるテキストです。任意のテキストに変更することができます。
テンプレートオプションの設定が終わりましたら「OK」ボタンをクリックしてください。
 
 
 

これでページテンプレートがページテンプレートタブに保存されました。


   
  ページテンプレートの「テキスト」表示例
 

「テキスト」は、差替画像部分上に表示されるテキストになります。標準では、「サンプル」というテキストが挿入されますが、変更することが可能です。

右図は、「テキスト」に標準の「サンプル」を設定してページテンプレート保存した例です。「サンプル」と入った画像が差し替えを行う画像になります。尚、「テキスト」を空白にすることはできません。

     
   
     
手順3 ページテンプレートの名称を設定する  
  ページテンプレートの名称を設定して「OK」ボタンをクリックしてください。
   

  これでページテンプレートがページテンプレートタブに保存されました。
  作成したページテンプレートのご利用方法は、13-11-4.保存したページテンプレートの利用をご参照ください。  
     
手順3 最新の状態に更新  
  ページテンプレートタブに保存したテンプレートが表示されない場合は、右上にあるメニューボタンをクリックしてください。
 
   
   
     
  「最新の状態に更新」をクリックすると「ページテンプレートタブ」に反映されます。
     
他のパソコン等で作成したページテンプレートを登録する場合
  他のパソコン等で作成したボックスを登録する方法です。
 

@「ページテンプレート」タブをクリックします。

A用意したページテンプレートファイルをタブ領域に直接ドラッグ&ドロップします。

 
  登録したページテンプレートファイルのカテゴリを整理する場合は、後からカテゴリ分けや整理をする場合」をご参照ください。
     

13-8. カテゴリの新規作成と登録

 

   
手順3 ページをレイアウトします  
  編集画面にてページレイアウトをします。
 
カテゴリを後から追加したり整理したい場合は、13-9. 後からカテゴリ分けや整理をする場合をご参照ください。
   
   
   
手順3 ページテンプレートの保存  
  メニュー「ドキュメント/ページテンプレート保存」を選択します。
   
   
手順3 新規追加ボタンをクリック  
  登録したいカテゴリがない場合は新規作成することが可能です。「+」ボタンをクリックしてください。
   
  カテゴリ名入力画面が出ますので、わかりやすいカテゴリ名を設定して「0K」をクリックします。
ここでは、「A3Q用 2カットデザイン」と入れてみます。
※ブックサイズごとにカテゴリ分けしておくと便利です。
   
手順3 カテゴリ登録完了  
 

新規に「A3Q用 2カットデザイン」というカテゴリが追加されました。


「A3Q用 2カットデザイン」というカテゴリを選択して「0K」をクリックします。

   
手順3 ページテンプレート名の設定  
  新規カテゴリが追加されましたら、ページテンプレートにわかりやすい名称をつけて「OK」ボタンをクリックしてください。
これで完了です。
   
手順3 最新の状態に更新  
  ページテンプレートタブの右上にあるメニューボタンをクリックしてください。  
 
   
   
  「最新の状態に更新」をクリックすると「カテゴリ選択メニュー」に「A3Q用 2カットデザイン」というカテゴリが反映されます。
     
     

13-9. 後からカテゴリ分けや整理をする場合
ページテンプレートを「お気に入り」やカテゴリ分けをせずに保存していた場合、あとからカテゴリ分けを行うことができます。
手順3 カテゴリが保存されているフォルダを開きます
  「ページテンプレート」タブの「メニュー」から「参照フォルダを開く」を選択します。
   
   
手順3 新規フォルダの作成  
  ページテンプレートが保存されているフォルダが開きます。
空白部分を右クリックして新規フォルダを作成してください。
   
手順3 フォルダに名称を付ける  
  ここでは、A3Q用3カット用ページテンプレートのフォルダを新規作成したいので、フォルダの名称を「A3Q用3カットデザイン」としました。
   
手順3 フォルダに整理  
 

A3Q用 3カットデザイン用ページテンプレートを「A3Q用3カットデザイン」のフォルダにドラッグ&ドロップします。

 
   
  整理されました。
   
手順3 最新の状態に更新  
 

「ページテンプレート」タブのメニューから「最新の状態に更新」をクリックします。
この作業によりカテゴリが反映されます。

 

 

カテゴリメニューに「A30Q3カットデザイン」が追加され、選択するとこのカテゴリに保存されたページテンプレートが表示されます。

     

 

   

13-10. ページテンプレートタブと各種メニュー
カテゴリの選択とサムネイルサイズの変更ができます。  
   
13-10-1. カテゴリ選択メニュー  
そのカテゴリに登録されたページテンプレートのみを表示します。
 
「3カットデザイン」を選択してみましょう。
 

「3カットデザイン」のみのページテンプレートが表示されます。

新規にカテゴリを追加する場合は、13-8. カテゴリの新規作成と登録をご参照ください。

     
13-10-2. サムネイルサイズの変更  
「虫眼鏡」アイコンをクリックすると「スライダー」が表示されます。
     
13-10-3. メニュー  
「メニュー」ボタンをクリックすると各種「メニュー」が表示されます。
     
@「お気に入りに追加する」  
登録したページテンプレートを選択し、「お気に入りに追加する」を選択すると「カテゴリ選択メニュー」の「お気に入りカテゴリに追加されます。
 
アドバイス  

よく使うガイドを「お気に入りカテゴリ」に入れておくとすぐに利用ができて便利です。

「メニュー」から「お気に入りに追加する」をクリックしてください。

   
「お気に入り」カテゴリに追加されます。
     
A「カテゴリ」  
登録した「カテゴリ」を選択することができます。
新規にカテゴリを追加する場合は、13-8. カテゴリの新規作成と登録をご参照ください。
     
B「参照フォルダを開く」  
保存したページテンプレートデータが保存されているフォルダを開きます。
   
「カテゴリ」選択メニューで選択されているカテゴリのフォルダが開きます。
     
C「最新の状態に更新」  
「メニュー」から「最新の状態に更新」をクリックします。
新しく登録したカテゴリやガイドのフォルダを再読み込みしてABM2上に即座に反映させることができます。
     
D「削除」  
「カテゴリ」に登録してあるページテンプレートを削除します。
 
「メニュー」から「削除」をクリックします。
 
「削除」されました。
     

13-11. 保存したページテンプレートの利用 便利な使い方と注意点
ページテンプレートを保存して便利に利用する方法と注意点をご説明いたします。
13-11-1.ページテンプレートのページ種類と分類
ASUKABOOKは、基本的に「カバーページ」、「ケースページ」、「開始ページ」、「見開きページ」、「最終ページ」で構成されています。
ページテンプレートは、このページの種類ごとに分類され保存されます。
●「開始ページ」と「最終ページ」は同じ寸法で、単ページとも呼びます。「ケースページ」が無いものもあります。
 
ページテンプレートを保存すると、ページテンプレートタブには同じページ種類のページテンプレートのみ表示されます。例えば、「見開きページ」でページテンプレートを作成し保存した場合は、その保存したページテンプレートは同じ見開きページでしか表示されず使用できません。つまり、「ケース(裏-表)」のページでは、「見開きページ」で保存したページテンプレートは表示されず使用できません。
     
     
13-11-2.異なるブックサイズで同じページテンプレートを使用したい場合の注意点

異なるサイズのブックファイルで同じページテンプレートを使用できます。しかし、小さいサイズのブックで作成したページテンプレートをそれより大きいサイズのブックページに適用した場合、イラスト等の画像を同じ解像度のままサイズを拡大するため、あらくなる場合があります。

特にページテンプレートを保存する際に「位置を固定したオブジェクトを含む」にチェックを入れなかった場合は、イラスト等の画像があれていないか確認が必要です。
※注文用データを必ずご確認してください。

ページテンプレートの保存は、13-7-1 ページテンプレートの保存をご参照ください。  
     
     
13-11-3.ASUKABOOKの縦横比により共通して使用できるページテンプレート

ASUKABOOKの縦横比と、ページテンプレートタブ内に表示されるページテンプレートの種類との関係は、下表のようになっています。また、編集パレットに表示されているページの種類毎(「カバーページ」、「ケースページ」、「開始ページ」、「終了ページ」、「見開きページ」)に分類されますに分類されますのでご注意ください。

ページテンプレートを共通して使用したい場合は、13-11-2.異なるブックサイズで同じページテンプレートを使用したい場合の注意点をご参照ください。
     
ASUKABOOKの縦横比

ページテンプレートを共通して使用できるサイズ

正方形 30Q、A3Q、A4Q、B5Q、CD
縦長

A3T(ART EX、ART EXD)、A3V(ボード)
A4、A4S、A5
A4変型(KINARIソフトカバー)
A4Y・A5Y(KINARIプレミアム)
A4QT(えほんBOOK)
A5T (ハードカバー)
A4C(SHIRONARI)

横長 A4W、A4SW、B4W 、A5W
A4YW・A5YW(KINARIプレミアム)
A4QW(えほんBOOK)
     
     
13-11-4. 保存したページテンプレートの利用
     
手順3 カテゴリの選択  
「カテゴリ」メニューから使用したいページテンプレートが登録されているカテゴリを選択します。
   
手順3 ページテンプレートの選択

「カテゴリ」メニューから使用したいページテンプレートが登録されているカテゴリを選択します。

※表紙・開始ページ・本文・最終ページ他、それぞれ同じ版型のページテンプレートのみ表示されます。

   
手順3 ページテンプレートの配置
選択したガイドをページ領域にドラッグ&ドロップしてください。
   
手順3 ページテンプレートの反映
ページにページテンプレートが適用されます。
アドバイス  
他のページテンプレートを適用したい場合は、他のページテンプレートを再度ドラッグ&ドロップすれば適用できます。  
     
   

13-12. 保存したページテンプレートの利用(位置を固定したオブジェクトを含むの設定結果)

ページテンプレートを保存する際に「位置を固定したオブジェクトを含む」のチェックボックスにチェックを入れた場合と入れない場合の結果をご紹介いたします。

   
13-12-1. 「位置を固定したオブジェクトを含む」とは

「位置を固定したオブジェクトを含む」とは、位置が固定される画像です。画像の上で右クリックして、「位置を固定」のチェックボックスにチェックを入れることにより、位置を固定したオブジェクトとなります。

※「位置を固定」の設定や確認は、画像の上で右クリックしてください。Mac OSでワンボタンマウスの場合は、「control」キーを押しながらクリックしてください。

   
 
   
13-12-2.「位置を固定したオブジェクトを含む」にチェックを入れた場合

「位置を固定したオブジェクトを含む」にチェックを入れた場合、位置を固定したオジェクトも差し替え可能なサンプル画像になります。
元のイラストを再貼り付けしたり、異なるイラストを利用することができます。

※上記13-12-1で 「イラスト画像」の設定がされている場合は、この機能は働きません。

   
 
13-12-3.「位置を固定したオブジェクトを含む」にチェックを入れない場合

「位置を固定したオブジェクトも含む」にチェックを入れいな場合、位置を固定したオブジェクトは、差し替えができません。

 

ただし、小さいサイズのブックで作成したページテンプレートを大きいサイズに適用した場合、画像があれる場合があります。

ページテンプレートを共通して使用したい場合は、13-11-2.異なるブックサイズで同じページテンプレートを使用したい場合の注意点をご参照ください。
 

 

ASUKABOOK サイトへ pagetop